初月無料の定額ゲームサービス『Apple Arcade』のタイトル一括紹介、第三回。「ストラテジー」など24作品の情報をお届け

 iOSの定額制ゲームサービス『Apple Arcade』の初期タイトルをまとめて紹介する記事の第三回

 最後となる今回は「ストラテジー」と、「レーシング」「スポーツ」「カジュアル」「ファミリー」「単語」といった、対象ゲームが少ない”その他”のカテゴリの作品、計24作品を紹介したい。

 なお、言い忘れていたが、Apple Arcadeは初月無料となっている。
 よって利用を開始してから1ヶ月以内に解約すれば、料金はかからない。

 解約方法は「設定」アプリの一番上に表示されるユーザー名の部分をタップし、「サブスクリプション」という項目を選択。
 すると「Apple Arcade」の項目があり、無料期間中なら「無料トライアルをキャンセルする」のボタンがあるはずだ。

 キャンセルしなかった場合、1ヶ月後に自動で600円が徴収される。
 更新日もその画面で確認できるので、一度見ておくと良いだろう。

 「アクション」と「ロールプレイング」を扱った第一回の記事はこちらを、「アドベンチャー」と「パズル」を扱った第二回の記事はこちらをご覧頂きたい。

※データは2019/9/28時点。ジャンルはApple Arcadeの表記に準じています。
※特に明記がなくても、ほとんどのゲームはコントローラーに対応しています。(MFiコントローラーか、iOS13で利用可能になったPS4とXBox Oneのワイヤレスコントローラー)

文/カムライターオ


ストラテジー

『Mini Motorways』
都市を走る道路を描きましょう

 開発:Dinosaur Polo Club
 ストラテジー、日本語対応、202MB、横画面、注目作

 道路網を建設して、交通の流れを維持し、変化する需要を満たし、都市の交通問題を解消しよう。
 『Mini Metro』のメーカーの新作。ランダムに出てくる家と会社を、往来する車ができるだけ渋滞しないように道で繋いでいく。鉄道を作っていたMini Metroとは異なる戦略が必要。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Outlanders』

100%オーガニックなタウンビルダー

 開発:Pomelo Games
 ストラテジー、日本語対応、438MB、縦画面

 資源のバランスを取りながら町を繁栄に導く、チャーミングな開発シミュレーション。
 戦闘のない『Age of Empire』、2D版の『Valhalla Hills』といった感じのリアルタイム開発ゲーム。資源や食料を集め、家や施設を作り、制限時間内に条件を満たしてステージクリアする。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Red Reign』

大きな軍隊 – 巧妙な戦略

 開発:Ninja Kiwi
 ストラテジー、日本語対応、341MB、横画面

 『Bloons TD』のメーカーによるリアルタイム戦略ゲーム。砦を確保したり軍隊を編成して勝利を目指しましょう。
 時間経過で溜まる資源で兵士を雇い、敵の砦に突撃させるRTS。一般兵士のみの『League of Legends』、進行路が複数ある見下ろし型の『にゃんこ大戦争』といった感じのゲーム。ソロプレイも可能だが、オンライン対戦がメイン。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『ステラー・コマンダーズ』

マルチプレイヤーリアルタイム戦略ゲーム

 開発:The Blindflug
 ストラテジー、日本語対応、761MB、縦画面

 近未来のユニットや弾道ミサイルで対戦相手を破壊し、惑星を制圧するリアルタイム1vs1戦略ゲーム。
 最終核戦争RTS『First Strike』をオンライン対戦ゲームにしたような作品。惑星上の領地を装甲車で占領し、敵領地は戦車で制圧するか、弾道ミサイルで破壊する。対戦のみ。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Don’t Bug Me!』

タワーディフェンスのリソースゲーム。

 開発:Frosty Pop
 ストラテジー、日本語対応、228MB、横画面

 リソース管理、タワーディフェンス、1人称、その仕組みを簡素化してアーケード型にしたゲーム。
 敵が来る方向に迎撃砲台を作りつつ、自身で射撃も行って敵を撃退するディフェンスゲーム。砲台は短時間で壊れてしまうので、置きまくることはできない。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『King’s League II』

誘惑、鍛錬、そして戦闘!

 開発:Kurechii
 ストラテジー、日本語対応、1.8GB、横画面

 様々なクラスのキャラクターを勧誘、鍛錬、そして管理し、知力と栄光の戦術バトルに挑もう。
 武闘大会を勝ち抜きながら、クエストや領地の拡大を行って収入を増やし、訓練でステータスを上げていく。それらを簡易的にまとめたゲーム。ストーリーモードがある。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Spaceland』
ハイペースSF戦術ゲーム

 開発:Tortuga Team
 ストラテジー、日本語対応、347MB、横画面

 古典的名作のスピリットを受けて作られたターン制SRPG。謎の惑星に着陸し、ミュータントと対決する。
 短めのステージを攻略していく、SFストーリーで銃撃戦のSRPG。インターフェイスが良くて遊びやすい。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Overland』

黙示録的なロードトリップ

 開発:Finji
 ストラテジー、日本語対応、1.2GB、横画面、注目作

 終末の世界でのターンベース型サバイバルゲーム。車に乗って北米を横断する生存者の一団を導こう。
 ゴミ箱や乗り捨てられた車から燃料や物資を見つけ出し、ゾンビの襲撃をかわしながら、生存者や犬と共にアメリカ大陸を横断するゾンビサバイバル・ローグライク。Steamでも同時公開。
 ※開始時に落ちる場合はOPTIONで言語を変更すること。一度日本語にしても変わっている場合がある。まだ最適化が十分でないのか、妙に発熱する。iPhoneでは字が小さい……。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)

レーシング

『ソニックレーシング』
スーパーハイスピードレース

 開発:セガ、HARD Light
 レーシング、日本語対応、954MB、縦画面、注目作

 世界最速のハリネズミが帰って来た!超高速な究極のマルチプレイレースを体験して下さい。
 オンライン対戦専用の高速カートレーシング。対戦形式は1対1だが、サポートカーが2台いて、レースは3台vs3台で行われる。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Speed Demons』

ハイウェイレーシング+クレイジークラッシュ

 開発:Radiangames
 レーシング、日本語対応、184MB、縦画面

 究極のハイウェイレーシングシミュレーター。8つのゲームプレーモードを用意した物理学的レーシング。
 上空見下ろし型のカジュアルレーシング。他の車をブッ飛ばしながら疾走する。ややコントロールが難しく、それ故に接触が多発し、ぶつかった車は物理シミュレートされた動きでクラッシュする。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Super Impossible Road』

勝利とはズルなり

 開発:Rogue Games
 レーシング、日本語対応、399MB、横画面

 美しい銀河を背景とする曲がりくねった危険なコースで、対戦相手を宇宙の無へと蹴落としましょう。
 ジェットコースターのようなコースをボール型マシンで疾走する。わざとコースアウトしてショートカットすることが可能。1人用のモードあり。現時点(9/28)では翻訳が不十分。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)

カジュアル

『WHAT THE GOLF?』

 開発:The Label、Triband、FoxNext Games、Kittehface software
 カジュアル、日本語対応、395MB、縦&横画面

 ゴルフゲーム……かと思いきや、ゴルファーを飛ばし、クラブを飛ばし、クラブハウスを飛ばし、”ゴルフ的ななにか”になっていく、あまりに奇想天外なバカゲー。
 とりあえず物理ゲーム。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Dodo Peak』

誰もが楽しめるレトロなプラットフォームゲーム

 開発:Moving Pieces
 カジュアル、日本語対応、702MB、縦画面

 迷子になったヒナ達を救出して、障害物や敵を避けながら、皆を家まで連れて帰ろう!
 1ステージが数十秒で終わるカジュアルアクション。『クロッシーロード』のようなゲームだが、フィールドが立体的で、ステージクリア型。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Hexaflip: The Action Puzzler』

最高のハイパーカジュアル!

 開発:Rogue Games、David Marquardt
 カジュアル、日本語対応、183MB、縦画面

 抽象的な美しいワールドを、六角形の迷路をパタパタとフリップしながら進む。
 左タップで左上、右タップで右上に進んでいく、シンプルな障害物回避ゲーム。1ステージが20秒ほどで終わり、テンポ良く進行する。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『The Pinball Wizard』

ピンボール・ダンジョンクローラー

 開発:Frosty Pop
 カジュアル、日本語対応、255MB、横画面

 塔を登る。スキルをレベルアップ。ピンボールマシンのようなダンジョンクローラー。
 ボール状のキャラをフリッパーではじいて敵にぶつけ、全滅させて次の階に進むステージクリア型のピンボール。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『バトルスカイブリゲード:ハープナー』

Shoot’em up and reel’em in!

 開発:BattleBrew
 カジュアル、日本語対応、737MB、縦画面

 撃って「釣る」ゲームです。障害物を避けて敵とタルを撃ち抜き、ロープが底を付いたらお宝を回収しましょう。
 縦スクロールのシューティングだが、一定距離を進むとロープで引き戻され、戻っている最中に網を使ってコインやパーツを回収できる。これを繰り返してお金を稼ぎ、パワーアップしていく。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Possessions.』

 開発:Noodlecake、Lucid Labs
 カジュアル、日本語対応、1.4GB、横画面

 自分の目に欺かれる世界へようこそ。遠近法と空間認識をテーマにしたミニマリストの3Dパズル。
 3Dの部屋を回転させ、見た目が自然になる視点を探すシンプルなゲーム。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Painty Mob』

怒りんぼの世界でペイント活動

 開発:Devolver Digital、Jaewoo Jeon
 カジュアル、日本語対応、253MB、横画面

 にぎやかな世界の住民にペンキをまき散らし、元気を振りまこう。たとえ求められていなくても。
 タップでペンキの爆発を発生させ、追いかけてくる住民をペンキまみれにしながら逃げ回る。ゴチャゴチャし過ぎていてゲームがわかり辛い。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)

スポーツ

『Big Time Sports』
奇抜なスポーツの祭典。

 開発:Frosty Pop
 スポーツ、日本語対応、747MB、横画面

 ビッグボディ、スモールヘッドのスポーツ。ビデオゲームが爽快で競争力のあった時代に敬意を表して。
 9種目のスポーツが用意された『ハイパーオリンピック』型のゲーム。頭身が特徴的だが、ゲーム内容とはあまり関係ない。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『HyperBrawl Tournament』

ライバルの激戦でスコアを決め、ブロールを勝ち抜こう

 開発:Milky Tea Limited
 スポーツ、日本語対応、1.3GB、横画面

 宇宙全域から集められた偉大なヒーロー達が最強をめざして秘密のトーナメントに参加します。
 敵チームをパンチやキックでKOしながらボールをシュートする『レッスルボール』型の球技ゲーム。全体的に表示が小さく、iPhoneでは見辛い。
 ※まだ最適化が十分でないのか、9/28時点ではデバイスが発熱する。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)

ファミリー

『Assemble with Care』
12個の物がおりなす1つのストーリー

 開発:ustwo Games
 ファミリー、日本語対応、551MB、縦画面、注目作

 世界を旅してアンティークを修理しているマリアが、町の人々の大切な物を修理していくが……。
 『Monument Valley』のustwoの新作。壊れたカメラや時計をスライドとタップで分解、修理することで、それにまつわるストーリーが進行していく。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『Cricket Through the Ages』

クリケットで描く人類の歴史

 開発:Devolver Digital、Free Lives、24 Bit Games
 ファミリー、日本語対応、646MB、横画面

 操作はボタンひとつ。人類の歴史を辿りながらバットを振り、ボールを投げてクリケットをプレイしよう。
 クリケットのようで全然違う、”クリケットらしきなにか”をプレイする。徐々にクリケットになるかと思いきや、やっぱりおかしい。とにかくバカゲー。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


『羽ばたくヒーロー』

空を舞い世界を飛び回ろう!

 開発:Subtle Boom
 ファミリー、日本語対応、372MB、横画面

 海賊、魔法使い、宝物がたくさん溢れる世界で泳いで走って舞い上がろう!
 敵や障害物をかわしながら飛行する横スクロールでステージクリア型のアクションゲーム。タップで上昇、何もしなければ下降する簡単操作。カジュアルだがマップが広く、各所にアイテムが隠されている。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)

単語

『Word Laces』
文字を組み合わせて、ひもを正しく結ぼう。

 開発:Minimega
 単語、日本語対応、1.6GB、縦画面

 バラバラになった文字が表示されます。連想する言葉を探し出し、文字を”結び”ましょう。
 用意された文字で単語を作るゲーム。多言語に対応しており、日本語でも遊ぶことができる。ゲーム自体は簡単で、小学生の単語テストのよう。たまにおかしな解答も……。

Apple Arcadeでダウンロード(iOS)


 今回紹介したアプリの中では、『WHAT THE GOLF?』『Cricket Through the Ages』が異彩を放っている。
 前者はゴルフ、後者はクリケットの皮を被った「バカゲー」で、その内容は奇想天外、支離滅裂。
 Apple Arcadeにこんな作品も含まれるのかと驚いたアプリだ。
 なにを言ってもネタバレになるので、その内容はぜひ自身の目で確認して欲しい。

 おバカじゃない作品の中では、ストラテジーの『Mini Motorways』がオススメ。
 大ヒットゲーム『Mini Metro』の自動車版で、今度は道路網を作っていく。
 使える道路に限りがあるため、少ない道で建物を結んでいきたいが、少なすぎると交通量が増えたときに渋滞を起こす。
 その対応が一筋縄では行かず、何度も繰り返してしまう作品だ。

 ただ、操作にクセがあり、その点の批判が多い。慣れるまでイライラするのは否めない。

 ustwo Gamesの新作として注目されていた『Assemble with Care』は、やはり良い。
 とてもオシャレな雰囲気で、壊れたものを修理するシーンはタッチパネルが上手く活用されている。
 短いストーリーだが、これはこれで手軽にラストまで遊べて良いだろう。

 レーシングの注目作であった『ソニックレーシング』は、同時期に『マリオカートツアー』が登場したのが不運。
 スピード感はあるが、速すぎてコントロールが難しく、遊びやすくて駆け引きも面白いマリオカートと比べると、どうしても見劣りする。
 まあ、それはそれでソニックらしくはあるのだが……。

 ストラテジーでは、開発RTSの『Outlanders』、銃撃戦RTSの『Spaceland』もオススメだ。
 ゾンビサバイバル『Overland』も面白いが、文字が小さくてiPadでないと辛く、現時点(9/28)ではバグも多い。
 事故りまくりの見下ろしレース『Speed Demons』、地道な稼ぎと強化が楽しい縦シュー『バトルスカイブリゲード:ハープナー』も、カジュアルに楽しめる作品だ。

 
 第一回第二回と合わせ、これで『Apple Arcade』のローンチタイトル、計70作品を紹介した。
 好みに合いそうなアプリはあっただろうか?

 これだけのタイトルを月額600円で楽しめるのはかなりお得だ。
 いくつかのゲームは、それ以上の価格で売られていても全く不思議ではない。
 そしてここには、課金も、ガチャも、スタミナも、広告もない。
 ファミリー共有機能を使っているユーザーなら、家族6人が1つの契約で楽しめる。

 もちろんApple Arcadeのタイトルは、これで終わりではない。
 まだ公開されていない予告済みの作品がいくつかあり、Appleは「100以上の新作タイトル」と喧伝しているため、今後も作品は追加されていくだろう。

 冒頭で述べたように初月は無料なので、iOSデバイスを持っているなら一度は試しておきたいサービスだ。

【あわせて読みたい】

『Apple Arcade』の「アドベンチャー」「パズル」カテゴリのゲーム23作品を一括紹介。オススメの作品は『Oceanhorn 2』、『Tangle Tower』、『グラインドストーン』など

 月600円でiOSのゲームが遊び放題の定額制ゲームサービス『Apple Arcade』。そのローンチタイトルをジャンル別に一括紹介していく記事の第二回。今回は「アドベンチャー」と「パズル」のカテゴリのゲーム、23作品を紹介する。

 
著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧