【レビュー:The White Door / ホワイトドア】過去と記憶を失い、精神病院で暮らす男の物語。静かに狂気を描くサイコアドベンチャー

 男は精神病院の一室にいた。
 決められたプログラム通りの生活を強いられており、外出は許されていない。
 夜、彼は断片的な記憶の夢を見る。
 厳格で曖昧なその日々は、男をどこに導くのだろうか?

 そんな精神病患者の生活を描く、謎と不安をはらんだサイコホラー・アドベンチャーゲームが公開されています。
 『The White Door / ホワイトドア』です。

 じわじわ来る恐ろしさを描いた、同じくサイコなアドベンチャーゲーム『Rusty Lake Hotel』や『Cube Escape』シリーズを開発したチームの作品。
 今回は恐怖より「男の過去に何があったのか? どうしてこうなったのか?」を探る内容になっていますが、根底にある得体の知れなさが伝わってくる作風は相変わらずです。

 アドベンチャーと言うより「脱出ゲーム」で、謎解きは簡易的。
 しかし起きるときには布団をドラッグで下げ、食べ物はタップでかじり、指を左右にスライドして歯を磨くといった、タッチパネルを活かした直感的な操作には臨場感があります。

 ピアノソロやアンビエントのBGM、ぼそぼそとつぶやくような男の独白、手書き風のイラストにも雰囲気があり、まるで映画を見ているかのような、思わず引き込まれる作品です。

 価格はiOS/Androidは370円。Steam版は410円
 当初は英語のみでしたが、現在はアップデートで日本語に対応しており、翻訳文におかしなところも見られません。

 舞台となるのは狭い病室。壁には一日のスケジュールが書かれた紙があり、これに沿って行動します。
 やるべきことが指示されていて、移動範囲も狭いので、あまり悩むことはないでしょう。

 朝食後にはドクターの“診察”とコンピューターを使った“記憶トレーニング”を、夕食後には“娯楽”と称された日替わりの行動を行います。

 診察は「あなたの名前は?」「今日は何日?」といった質問に答えるもの。
 部屋の中にはそのヒントがあり、名前のスペルは引き出しの中の社員証で、日付はベッドの脇のカレンダーで確認できます。

 記憶トレーニングはちょっとしたパズルで、何をすれば良いのかわかりづらいものもありますが、アドベンチャーゲームですから、それもひとつの謎解きでしょう。
 とは言え、そんなに難しくはありません。
 娯楽も筋トレやピンポンといった簡単なものから始めますが、後半はちょっとした謎解きになります。

室内にあるものは日が経つと増えていきます。
また、徐々に見るものに色が付いていきます。
それは彼の記憶が回復していることを表していると思われますが……
“娯楽”のひとつ、ドミノ。 ただ、このドミノはルールがわかっていないと難しいでしょう。
画像のように、同じ数字のピースを合わせるように置いていきます。
娯楽も治療の一環のようで、徐々に高度になっていきます。

 そして一日を終え、眠りにつくと…… 男は夢を見ます。
 過去にあったと思われる出来事が、彼のつぶやきと共に、ムービーのように現れます。

 ただ見るだけではなく、操作するポイントが何度も出てきます。
 「コーヒーを一口飲む」なら、コーヒーカップを口へとドラッグ。
 「彼女が目を逸らした」なら、目を右か左にドラッグします。

 どう操作すべきかは場面ごとに異なりますが、男のつぶやきを動作で再現すれば良く、難しいものではありません。

 夢が終われば、また変わらぬ日々が始まる…… はずです。

夢の中。彼女に差し出した手を拒まれるシーン。
実際に手を上にドラッグして差し出します。
バーで飲む男。哀愁のある声がとても良い雰囲気を出しています。
無関係の場所もタップしてみると、何かが見つかるかもしれません。

 病室での一週間が過ぎれば、ゲームは終了です。
 一日はそんなに長くなく、さほどかからずしてエンディングに至るでしょう。

 しかし、そこですべて終わりではありません。
 エンディングのあとに追加の一日があり、そこでの謎解きを終えれば、シークレットエンディングに至ることができます。

 さらに、それぞれの日の夢と現実の中に、シークレットスターが隠されています。
 やり込み要素と言えますが、場面によってはスターを発見することで、新たなシーンを目にするかもしれません。

 また、ゲーム中に電話番号を目にします。
 そこに「実際に」電話をかけると、とあるウェブサイトの案内が行われます。
 そのサイトに「実際に」アクセスすると、舞台となっている精神病院のページが開かれます。
 それはさらなる謎解きへの入口となっています。

 ここから先は英語が堪能でなければ進めることが困難でしたが…… 公式の日本語訳ページが公開されました。
 これを頼りにすれば、アップデートで追加された謎「地下病棟」へと至ることができるかもしれません。
 ただ、ここの謎は個人で解くにはかなり難解ですが……。

 ともあれ、現実にサイトや関連SNSが存在するARG(仮想現実ゲーム)の展開があることで、ゲームにより深みが与えられています。

メニューで「アチーブメント」を選ぶとこの画面に。
星をタップすると「レベルを選択」のボタンが現れ、クリア済みの好きなシーンに移動できます。
クリア後なら「続ける」のボタンがあり、追加レベルを始められます。
電話で案内されるウェブページ(www.mentalhealthandfishing.com)がこれ。
英語ですが、サイト内の文章に加え、謎を解くのに必要なPDFのインタビュー記事、ニュース動画、とある人物のSNS、さらに入力手順が日本語訳サイトに掲載されています。
ただし、実際のパスワードの入力は、本家のサイトと「ゲーム内」で行う必要があります。

 狂気をはらんだ内容でありながら、直接的な脅かしはなく、そして難しすぎない「解かせるための謎」で構成された、まさにRusty Lakeらしい作品。
 相変わらず模範的な脱出ゲームです。

 その一方で、Rusty Lakeの過去作よりもハイセンスなビジュアルになっており、このシリーズがさらに一段階上のステージに上がったのを感じます。
 登場人物は『Cube Escape』シリーズと関連しているため、興味が湧いたのであれば、他のシリーズ作を試してみるのも良いでしょう。

 その辺の脱出ゲームとは異なるクオリティの、強い印象と余韻が残るショートアドベンチャーです。

The White Door / ホワイトドア

精神病院の一室で暮らす、男の日常と夢の物語

(画像はThe White Door / ホワイトドア – AppStoreより)

・アドベンチャー(脱出ゲーム)
・開発:Rusty Lake(オランダ)
・公開:Second Maze(オランダ)
・iOS/Android370円、Steam版410円

文/カムライターオ

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧