レースやライブシーンが圧巻のハイクォリティ! トレーナーになり、お気に入りのウマ娘を育て上げる育成シミュレーション、ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』プレイレポート

 TVアニメや漫画、CDなどマルチメディアで展開されているCygamesのクロスメディアコンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、ウマ娘)。今年の1月からはアニメ第2期もスタートしたが、それに続く形で長らく待たされたゲームも、2021年2月24日にリリースされた。

 以前、アニメ声優陣によるトークイベントをレポートしたが、それと同じタイミングで実施されていたのがメディア向けのゲーム体験会だ。こちらも少々お待たせしてしまった形になるが、本稿ではそのレポートをお届けしていく。

 この『ウマ娘』とは、実在する競走馬をモチーフに、ウマの耳と尻尾を持つ女の子たちがレースを走る作品だ。今回リリースされるゲームでは、プレイヤーはトレーナーとなり、ウマ娘たちと二人三脚で<トゥインクル・シリーズ>を制覇するのがゲームの目的となっている。トレーナー視点で遊ぶことで、ゲームならではの体験ができるというわけだ。

 ゲーム内には数多くのキャラクターが登場する。TVアニメ第1期の主役だったスペシャルウィーク(CV:和氣あず未さん)やサイレンススズカ(CV:高野麻里佳さん)、第2期でメジロマックイーンとのライバル関係が描かれているトウカイテイオー(CV:Machicoさん)といったおなじみのキャラクターたちも、もちろんゲームに登場する。

左からスペシャルウィーク、サイレンススズカ、トウカイテイオー。

 『ウマ娘』は、レースの最高峰である<トゥインクル・シリーズ>を舞台にして、ウマ娘ひとりひとりの夢を考える物語が描かれている。そのため、ひとりのキャラクターにつき用意されているイベントも100以上と膨大な数にのぼる。それらに加えて、メインストーリーとそれぞれのウマ娘ごとの出会いや絆を描いた「ウマ娘ストーリー」もフルボイスで楽しむことができる。

ゲーム中には、多数のウマ娘たちや個性豊かなキャラクターたちが登場する。彼女たちの会話を見ているだけでも楽しめる。
「ウマ娘ストーリー」もフルボイスで楽しめる。

猶予は3年間。トレーナーの腕の見せ所となる育成パート

 ゲーム序盤の簡単な流れはこんな感じだ。最初にチュートリアル的な研修モードが始まり、一通りゲームの内容が体験できるほか、基本的な情報も学べるようになっている。それらが終わると、後は自分が育てていきたいウマ娘を選んで本格的にゲームがスタートする。

 本作には様々な機能が盛り込まれているが、それらの中でも特にメインとなるものが3つある。それが、「育成」「継承」「チーム競技場」だ。育成パートでは、プレイヤーは、3年間でひとりのウマ娘を育成していくことになる。

育てるウマ娘は、ガチャで入手していく。キャラクターによっては、入手時に派手目なアニメーションの演出が入るものもある

 具体的に言うと、トレーニングメニューを選んだりウマ娘とお出かけしてリフレッシュしていったりしながら、コンディションとメンタルのケアをして、最高の状態でレースに挑めるように準備を整えていく。レースまでのターン数があらかじめ表示されており、それに合わせてこうしたメニューを選んでいくことになるのだが、日程によってはターン数が短い場合もあるため、トレーナーとして取捨選択していかなくてはならない場面も多い。

トレーニングでは、5つのメニューから選んで強化していく。
左上にターン数や上部の体力メーターを確認しながら、メニューを決めていこう。時には休ませたり、お出かけでリフレッシュさせたりといったことも必要だ。

 このウマ娘の育成を手助けしてくれるのが、サポートカードだ。サポートカードで選んだウマ娘たちは育成中に登場するほか、スキルヒントの獲得などカードごとに様々な育成イベントが発生する。ひとつ注意が必要なのは、育成対象のウマ娘と同じサポートカードは選ぶことができないところだ。

 サポートカードには、得意トレーニングが異なるタイプ(スピード、スタミナ、パワー、根性、賢さ、友人)がある。これにより、一緒にトレーニングをしたときの効果が異なるのである。サポートカードの評価を上げて、そのキャラクターの得意トレーニングを選ぶと「友情トレーニング」が発生する。このイベントでは、通常よりも大きくウマ娘が成長させることができるのだ。

サポートカードも、育成するウマ娘同様にガチャで入手が可能だ。

 ウマ娘の育成中にスキルPtを獲得できるが、これを使って習得できるのが「スキル」だ。レース後半で1番をキープし続ける力を発揮するというスキルなど、レースを有利に進めていくためにも取得していきたいものが多くある。

 ほかの育成コマンドとは異なり、スキルコマンド自体はターン数を消費しないため、どんどん取得していくようにするといいだろう。

スキルもレースに勝つには重要な要素だ。サポートカードイベントなどで「ヒントLv」が上がると、そのレベルによってスキルPtが割引されるので忘れずにチェックしておこう。

 本作のコンセプトは、「ウマ娘たちと夢を叶える育成シミュレーションゲーム」だ。この「夢を叶える」とはどういうことを指すのだろうか? 実はゲーム内には、「目標機能」というシステムが用意されている。

 まずはデビューさせようなどの目標が提示され、それらをこなしていくことで夢に一歩ずつ近づいていくというイメージだ。最終的にすべての夢を叶えると、「殿堂入りウマ娘」になることができ、ユーザーのデータに保存される。

 ウマ娘は、デビューしてから3年間で結果が出ないと担当が解除されてしまう可能性がある。そのためこの3年間をいかに濃厚に過ごしていくかが、重要なのだ。

目標までのターン数も決定される。

臨場感溢れるレースシーン! 終了後はライブで感動を分かち合おう

 すべての準備が整ってターン数を消費すると、実際のレースである<トゥインクル・シリーズ>に挑んでいくことになる。ここで目指すのは、当然のことながら優勝だ。ちなみにレース自体は、日本ダービーや有馬記念といった実在するレースがモチーフになっている。

 レース直前のパドックでは、ウマ娘に関する様々な情報が見られる。こちらで「作戦変更」を選ぶことで、追込、差し、先行、逃げといった4つの作戦から得意なものに変更することも可能だ。

左はパドックの画面。右は出走直前の様子だ。

 アニメを見たことがある人ならわかると思うが、ゲーム内のレースでも様々な角度からウマ娘たちが疾走する様子が映し出されていく。それ合わせて実況も行われるため、なかなかの迫力と疾走感万歳のシーンが楽しめるところも本作の魅力のひとつだ。とくに、最終コーナーを超えた直線勝負の緊迫感は、まさに本物の競馬を見ているかのような気分にさせてくれる。

 レース終了後は、ファンと感動を分かち合う「ウイニングライブ」も開催され、さらに獲得していくことができる。ファンの数が多いと、最高峰のGⅠレースに出走することができるようになるのだ。このライブシーンも圧巻のクオリティで、着順によってセンターが変わるなど演出も細かい。

ライブシーンなど、一部では横画面で楽しめるようになっている。

育てたウマ娘の能力を引き継ぐ「継承」

 育成パートで育てたウマ娘の能力は、次に育てるウマ娘に想いを継承していくことができる。継承により、ウマ娘が本来持っていない能力や適性、特別なスキルなど、様々なモノを受け継ぐことができるのだ。

 継承を行うときは、継承元となるウマ娘をふたり選択する。この時に継承元としてウマ娘たちは消えてしまうということはないので安心してほしい。この継承には相性があり、継承元となるウマ娘ふたりの関係性や、育成するウマ娘の資質などで決まっていくのだ。当然のことながら、相性がいいものを選ぶことで少しだけいいことが起こりやすいという。

 よくわからないときは、「おまかせ編成」を選び自動で選択することも可能だ。ゲーム序盤は自動で編成して、慣れてきたら相性を調べながら継承していくようにするといいだろう。

チーム競技場で全国のプレイヤーと競い合おう

 「チーム競技場」では、オリジナルチームを組んで育てたウマ娘を全国のプレイヤーと疑似的なPvPで戦わせることができる。この「チーム競技場」に参加できるのは、「殿堂入りウマ娘」だけだ。

 チーム戦は5レースあり、その結果によって勝敗が決まる。最初は5人までしか登録することができないが、プレイヤーが成長していくことにより最大15人までチームに登録することができるようになり、ひとつのレースに3人出走が可能になる。これにより、3対3で全国のプレイヤーと戦うことができるようになるのだ。

完成したゲームは応援したくなるようなクオリティ! 出演声優陣によるトークイベント部分をご紹介

 以前ご紹介したアニメ出演声優陣によるトークイベントだが、あえてゲームに関する部分は掲載していなかった。そこで最後に、今回の記事に合わせてその部分もご紹介しておこう。

――いよいよリリースされたゲームですが、2016年に発表されてからこれまで待ってくれているファンの方々にメッセージをお願いします。

和氣あず未さん
 大変、お待たせしました。私のまわりも、すごく『ウマ娘』に期待してくれている方がたくさんいます。当時の競馬が大好きな人からも、「ウマ娘もアニメは観たし、あとはゲームだけだね」という声をたくさん頂いて、こんなに待っている人がたくさんいるんだなというのを感じていました。やっとリリースされたということで、本当に私もすごく楽しみにしていました。

 ゲーム収録ではたくさんセリフも録りましたし、いろんなイベントがゲーム内にあって、完成はどうなるんだろう、と私の中でも想像つかないくらいのボリュームです。それを皆様にやっとお届けできるのは、すごく嬉しいです。

Machicoさん
 (事前登録が始まった)3月25日が誕生日なんですが、私が誕生日を迎える度に『ウマ娘』の事前登録が更新されていくという感じで(笑)。たくさん収録もやらせていただいた中で、演者としても定期的にゲームを遊ばせていただいていたので、自分たちが録った声がこのモーションに合わせて動くんだと楽しみに感じながら、過ごすことができました。ここまでたくさん時間をかけさせていただいた分、我々もたくさんいろんなセリフを収録させていただきました。楽しみに待っているトレーナーさんの期待には応えられるんじゃないかなと思っています。

大西沙織さん
 お待たせした分のクォリティの高さは、自信を持って……なんで私が自信を持っているのかわからないですけど(笑)。期待を超えるゲームがリリースできあと思います。私自身も触らせていただいて、そう感じました。

田所あずささん
 特にライブシーンのすごさにびっくりしました。今、アプリゲームでここまでできるんだという驚きがありました。映像に奥行きがあって、景色の先が広がって見えるんです。映像がとても美しいので、早く体感していただきたいし、この感動を早く皆さんと共有したいと思っています。私たちはめちゃくちゃ歌も歌ったし、ボイスも録ったので、歌い分けも細かくされているんじゃないかな~と思います。ぜひとも楽しみに待っていただきたいです。

――ゲームを遊んでみた感想はいかがですか?

大西沙織さん
 全体的にすごく動くし、耳とか尻尾の動きがものすごく細かく感情によって再現されていてすごくよかったです!

和氣あず未さん
 携帯ゲームはよく遊ぶんですけど、こんなに画面が綺麗なんだと感じたのは久しぶりです。レース部分の実況・解説もクオリティが高くて、ゲームではあるんですけど、「頑張れ頑張れ」って応援したくなります。その後にあるライブも、めちゃめちゃかわいいんですよね~。それぞれの歌のパートも順位によって変わったりするので、見どころが盛りだくさんだなと思います!

■ゲーム概要
タイトル:ウマ娘 プリティーダービー
配信開始:2021年2月24日(水)※iOS/Androidのみ
開発・運営:株式会社Cygames
対応機種:iOS/Android/PC
URL:
・AppStore
https://apps.apple.com/jp/app/id1325457827

・GooglePlay
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cygames.umamusume

・DMM GAMES
https://dmg.umamusume.jp

※画面はすべて開発中のものです。
© Cygames, Inc.

【あわせて読みたい】

 

「あの悲劇を描かなければ、サイレンススズカの物語とは言えない」『ウマ娘』で伝説の名馬のもう一つの世界線を描く理由とは?

今期のTVアニメ作品の注目作の一つ、『ウマ娘 プリティーダービー』。数ある多様なコンテンツの中でも、実際の競馬に忠実な舞台設定、キャラクターであるウマ娘達の特徴も、実在の名馬たちの性格・エピソードから発想を得たものとして異彩を放っている。アニメファンではなかった競馬ファンも楽しめる内容だ。

【この記事を面白い!と思った方へ】

 

 電ファミニコゲーマーでは独立に伴い、読者様からのご支援を募集しております。もしこの記事を気に入っていただき、「お金を払ってもいい」と思われましたら、ご支援いただけますと幸いです。ファンクラブ(世界征服大作戦)には興味がないけど、電ファミを応援したい(記事をもっと作ってほしい)と思っている方もぜひ。
 頂いた支援金は電ファミの運営のために使用させていただきます。

※クレジットカード / 銀行口座に対応

※クレジットカードにのみ対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ