童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話。「奇妙だが、美しい」をコンセプトに作られたビジュアル「ベル・エポック・パンク」とは

 韓国のゲーム会社NEOWIZ社による新作ソウルライクRPG『Lies of P』(偽りのP)。11月17日より開催された韓国のゲームショウ「G-STAR 2022」にて、本作が出展されました。

 本稿では「G-STAR 2022」会場にて開催された、『Lies of P』アートディレクターのノ・チャンギュ氏による講演をお届けします。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_001
ノ・チャンギュ氏。NEOWIZの開発スタジオ「Round 8 Studio」に所属。ゲーム業界に入って19年目になるという

取材・文/実存


「奇妙だが、美しい」というコンセプト

 『Lies of P』の企画が動き始めた当初、「ソウルライクにしよう」とだけは決まっていましたが、ほかは何も決まらず漠然としていました。
 ノ氏ははじめ、氏の好きなSFジャンル──『ブレードランナー 2049』『ウエストワールド』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』といった、人間の本質に迫るようなテーマを取り入れようとしていました。

 そんなときに出会ったのが童話『ピノッキオの冒険』。人間のモラルを問う、風刺的な物語はノ氏の考えるテーマにピッタリでした。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_002

 しかも、ちょうど同じタイミングで本作プロデューサーのチェ・ジウォンさんが同じく『ピノッキオ』を題材とした企画書を持ってきたとのこと。それに運命を感じたノ氏は、『Lies of P』のモチーフを『ピノッキオ』とすることに決めました。

 『ピノッキオ』をモチーフとするうえで課題だったのは、原作をどうやって現代風に再解釈するか、というものでした。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_003
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_004
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_005

 そこでノ氏がたどり着いたのは、同じく19世紀にフランスで起こった「ベル・エポック」のスタイル。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_006

 「科学が全てを解決する」という楽観的で雰囲気をまといながら、一方で暗く退廃的な側面をもつこのスタイルに、「サイエンス/スチームパ」のスパイスをひとさじ。
 こうして、「奇妙だが、美しい」というコンセプトのもとに、『Lies of P』は「ベル・エポック・パンク」と呼ばれるビジュアルスタイルを目指すことになりました。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_007
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_008
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_009
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_010
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_011
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_012

 ゴシックホラーとサイエンスが融合する「ベル・エポック・パンク」というスタイルが参考にしたのは、『フランケンシュタインの怪物』『スリーピー・ホロウ』『パンズ・ラビリンス』『クリムゾン・ピーク』『スチームボーイ』『プレステージ』といった映画や、『バイオショック』『ディスオナード』といったゲーム作品など。

 「ベル・エポック・パンク」の建築物ではオスマン/ロマネスク/バロック様式から、ロマンティックながらも暗く重い雰囲気を取り入れています。

 また19世紀の暗い部分として、仕事を奪われた労働者が機械を打ち壊した「ラダイト運動」や、見世物小屋としてのサーカスといった要素のイメージを散りばめているそうです。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_013
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_014
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_015
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_016
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_017
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_018

印象的なキャラクター造形

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_019

 続いて、『Lies of P』のキャラクター造形について。
 主人公となる「P」は「奇妙だが美しい」の「美しさ」の部分を象徴するのがコンセプトとなる美少年に。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_020
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_021
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_022

 そして原作でピノッキオを制作したゼペットじいさん(Giuseppe Geppeto)は、本作でも重要な人物のひとり。ちなみに、ノ氏の義父はスペイン-ユダヤ系の人物で、ゼペットじいさんの造形のモデルになったとのこと。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_023
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_024
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_025
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_026
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_027

 ほかにも、原作『ピノッキオ』の冒険に登場するキャラクターたちも続々登場。いずれも『Lies of P』の世界観にマッチするよう脚色されています。

 たとえば、原作でまだ丸太だったピノッキオを最初に見つける「アントニオ」は、鋭い眼光が目を惹く素敵なマダムに。女性としたことで、名前も女性風に「アントニア」としています。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_028
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_029

 サーカス団長は恐ろしいクリーチャーに。原作ではプレゼントを集めているカゴが、『Lies of P』では死体を集める鉄のカゴに様変わり。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_030
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_031

 棺を運ぶ4匹の黒うさぎは、「BlackRabbit Brotherhood」というウサギ風のマスクをかぶる4人組のキャラクターに。異形マスクフェチの筆者としては大変興奮するデザインです。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_032
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_033

コントラストが高く、重厚感のあるビジュアル

 全体的なビジュアルについては、「Bleach Bypass/ENR現象技法」というスタイルを用い、コントラストが高く重厚感のある雰囲気を描き出しています。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_034
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_035
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_036

 また、昼/夕/夜の時間の変化や、晴れ/雨の天候の変化も取り入れ、ダークで退廃的な雰囲気をさらに緻密なものとしています。下記の画像のように、「晴れの日の昼」でもこれほど薄暗くて陰気な感じが出るのか!と驚くほどです。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_037

 そうしたいろいろな表現技法を適用した、実際のゲーム画面がこちら。

童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_038
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_039
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_040
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_041
童話『ピノッキオ』×『ブラッドボーン』なソウルライク『Lies of P』のアート開発秘話_042

 煙が光に反応するようにしたり、夕日に映えるような光表現にこだわったり。ノ氏は、ここまで忠実に19世紀らしさを表現したのは、韓国では『Lies of P』が初めてではないか、と自信をもって語っていました。


 そんな『Lies of P』は2023年内に発売予定。日本語は字幕対応がなされる予定です。
 なお、電ファミではG-STAR2022で開催された試遊プレイレポート、ならびにプロデューサーインタビューも掲載しています。ぜひこちらも合わせてご覧ください。

編集
ローグライクやシミュレーションなど中毒性のあるゲーム、世界観の濃いゲームが好き。特に『風来のシレン2』と『Civlization IV』には1000時間超を費やしました。最も影響を受けたゲームは『夜明けの口笛吹き』。
Twitter:@ex1stent1a
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ