Epic Gamesのアクションゲーム『Infinity Blade』三部作が配信終了。iOSで初めて動作したUnreal Engineゲーム、モバイルゲームの未来を示す

 Epic GamesはiOS向けアクションゲーム『Infinity Blade』三部作について、現地時間2018年12月10日をもってゲーム内購入の停止と作品自体の配信を終了したことを発表した。

 2010年12月9日にリリースされた第1作から約8年の間に無料の拡張版や続編、小説などがリリースされたEpic Gamesのモバイルゲーム看板タイトルは、今後は購入者のみ再ダウンロード可能な作品となる。

 ただし最新作である『Infinity Blade III』のサポートはこれから1ヶ月に渡って続き、新しいゲームモード「Clash Mobs」や、サポートしてくれたファンへ特別なサプライズも用意しているという。また、本作をテーマにしたiMessage向けのステッカーアプリが無料でダウンロードできる。

(画像は『Infinity Blade』公式サイトより)
(画像は『Infinity Blade』公式サイトより)

 Epic GamesとChair Entertainmentが開発した『Infinity Blade』は、名もなき一族が世代を重ねながら「ゴッドキング」を倒すことを目指すRPG要素を含んだアクションゲームだ。ゴッドキングを倒すための道中にはさまざまな敵が現れ、彼らと1対1で戦うことになる。

 初代は2010年にリリースされ大ヒットを記録、その後『III』まで続編が開発され、小説版まで展開された。

 タップとスワイプで構成されたスマートフォン向けに最適化された操作は、シンプルながら手に汗握る戦闘を演出。また、当時はPCとコンソールゲームが主流だったUnreal EngineがiOS上で初めて動作することや、モバイル上でも美しい3Dグラフィックが描写可能であったことで注目を集めた。現在ではスマートフォン向けゲームでも3Dグラフィックはもはや当たり前となっているが、そんなモバイルゲームの未来を8年も前から世に示したタイトルだったと言えるだろう。

 『Infinity Blade』のゲーム自体は終わりを告げるが、それはシリーズが完全に歩みを止めることを意味しない。Epic Gamesの『フォートナイト』では、新たな持ち主を探す王のための剣が現れるようで、新コンテンツの到来が予告されている。

 それだけでなく、2015年には「Infinity Blade Collection」として全7600種、総額300万ドルを超えるアセットが無料で公開されて話題となった。未発売に終わった『Infinity Blade:Dungeons』のアセットは、全7種類のパッケージとして現在もUnreal Engineのマーケットプレイスで公開されている。

 モバイルゲームでも一線級のゲームがプレイできることを示した『Infinity Blade』シリーズ。ゲームとしての歴史は、一旦幕を閉じることになる。本作の開発を担当したChair Entertainmentは、現在新作『SPYJINX』の開発に取り組んでいる。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

https://news.denfaminicogamer.jp/news/181130g

カントリーライフシム『Stardew Valley』のスマートフォン版発表。iOS版は10月24日発売、Android版も後日リリース予定

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ