Epic Games、『フォートナイト』のクロスプラットフォームプレイ技術を他社に無料提供へ。Unreal EngineだけでなくUnity向けにもSDK配布

 Epic Gamesは、『フォートナイト』で培ったクロスプラットフォームプレイ技術を他のすべてのデベロッパーに無料で提供することを発表した。

 PC、Mac、iOS、Android、PlayStation、Xbox、Nintendo Switchといった主要プラットフォーム間における技術となる。デベロッパーはプラットフォームの提供メーカーが許す範囲で利用することが可能だ。

(画像は『Fortnite』公式Twitterアカウントより)

 同技術はカプセル化されたオンラインサービスとしてUnreal EngineとUnity向けにSDKが提供される予定で、後述するロードマップが示すようにリリース後に少しずつ新たな拡張機能が追加される予定となっている。

 まず2019年度のQ2からQ3に掛けてPCで、2019年中に他のプラットフォームで、複数のプラットフォームにまたがってプレイヤーを識別するコア機能が提供される。これはフレンドや無料および有料のインゲームアイテムを管理共有する機能となる。これらと同時期に、クラウドデータストレージおよびクラウドセーブにも対応する。

 2019年度Q3にはすべてのプラットフォームにボイスチャット機能が提供される。また、トロフィーや実績のようなシステムもプラットフォームを超えて共有できるようになる。PCとMacにおいては、ログインやフレンドといった機能へのアクセスを可能にするインゲームオーバーレイを提供する。

 調整がもっとも難しそうなクロスプラットフォームマッチメイキング、およびパーティ機能は、2019年度のQ3からQ4に掛けて実装予定だ。

(画像はEpic Gamesより)

 2億人のプレイヤーに向けてAmazon Web Services上で運用されてきた『フォートナイト』。公開されたブログの記事では、一からシステムを構築するより、すでに存在するシステムを拡張した方が比較的安価であると伝えられている。

 また『フォートナイト』がEpic Gamesアカウントに加えて、Facebook、Google、Xbox Live、PlayStation Network、および任天堂のアカウントを介したマルチプラットフォームのログインと連携をサポートしていることも紹介。アカウントの連携に加え、ゲームやクラウドサービスとの連携でよりシームレスな体験を、パートナーと協力したいとまとめられている。

 このクロスプラットフォーム技術のより詳しい情報は今後数ヶ月で公開されるとのこと。Epic Gamesは今回挙げたサービスを“第一歩”とし、これ以外にもアンチチートや強化されたソーシャル機能、ユーザー制作コンテンツといった分野に取り組んでいくことも伝えている。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

脱Steam、「Epic Games Store」でインディー系の独占タイトル続く。「88:12」と無料ゲーム配布で攻勢仕掛ける『フォートナイト』の成功者

Epic Gamesのアクションゲーム『Infinity Blade』三部作が配信終了。iOSで初めて動作したUnreal Engineゲーム、モバイルゲームの未来を示す

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ