PC版『風ノ旅ビト』が6月6日に発売決定。言語に頼らずプレイヤーを感動させるストーリーを持つ名作アドベンチャーゲーム

 Annapurna Interactiveは、Thatgamecompanyのアドベンチャーゲーム『風ノ旅ビト』(Journey)のPC版をEpic Games Storeで6月6日に発売することを発表した。価格は1580円。6月13日まで1000円割引の580円で購入できる。必要スペックなどはまだ明らかにされていない。

(画像はAnnapurna Interactive公式Twitterアカウントより)

 『風ノ旅ビト』は『flOw』『Flowery』を手がけたThatgamecompanyの2012年発売の作品だ。かつて文明があったことを感じさせる砂に覆われた幻想的な世界を、ローブとスカーフをまとった旅ビトを操作してはるか遠くに見える山に向かって進んでいく。

 マルチプレイにも対応しており、プレイヤーは旅の途中に他のプレイヤーと出会う事がある。分かれるまでの道中を協力して進むことも可能だ。ただし、特定の相手とマッチングするわけではなく、出会うのは常に見知らぬ誰かだ。コンソール版は今でもプレイヤーがいるようで、Redditには5歳の息子の手を引いてくれた誰かに感謝を伝える書き込みが投稿されている。

(画像はEGS 『風ノ旅ビト』より)
(画像はEGS 『風ノ旅ビト』より)

 美しいグラフィックや音楽、特徴的なマルチプレイ、言語に頼らずプレイヤーに感動を与えるストーリーなどが非常に高い評価を受け、複数のメディアのゲームオブザイヤー、またDICEアワードでは8つの部門を受賞、グラミー賞ではビジュアルメディア向けベストスコアサウンドトラックアワードにノミネート。商業的にも成功をおさめ。北米とヨーロッパではそれまでのPlaystation Storeでもっとも売れたゲームとなった。

 3年後の2015年にはPlayStation 4にも移植されている。これまではPlayStationプラットフォーム専売のタイトルだったが、このたびPCでもリリースされることとなった。

(画像はEGS 『風ノ旅ビト』より)
(画像はEGS 『風ノ旅ビト』より)

 PC版『風ノ旅ビト』は6月6日に発売される。6月13日まではたった580円で購入できるので、本作を遊んだことがない方にはぜひプレイしてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

世界中を花で満たす名作『Flowery』のPC版が配信開始。『風ノ旅ビト』や『flOw』を手掛けるthatgamecompanyが開発

鳥に変身する子どもが旅をする詩的アドベンチャー『Vane』PS4で2019年1月発売へ。『人喰いの大鷲トリコ』元スタッフも開発に参加

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧