人類救済系Vtuber・夜乃ネオンがカンボジアに井戸を建設。「本当に人類を救済してしまった」と話題に

 Vtuberの夜乃ネオンは、オリジナル曲とグッズの収益でカンボジアのプレイベン州に井戸を建てたことを発表した。

 夜乃ネオンは「もっと世界を楽しくしたい」と願う博士のもとで創られた「人類救済プログラムAI」で、チャンネル登録は即ち「救済」を意味する。畳みかけるような速度のトークと奇天烈な動き、回線の弱さが特徴的だ。

 彼女は実装1周年記念配信にて、オリジナル曲とグッズの発売を発表。その売り上げの使い道を博士と相談した結果、「(人類救済するなら)とりま水っしょ?」ということでカンボジアに井戸を作ることになったらしい。
 井戸を建てた動画はSNSで話題となり、「本当に人類を救済してしまった」「行動力の化身過ぎる」「普通に偉業で尊敬する」など、多くの賞賛のコメントが寄せられた。

(画像は【ご報告】カンボジアに井戸を建てました #夜乃ネオンより)
(画像は【ご報告】カンボジアに井戸を建てました #夜乃ネオンより)

 カンボジアのプレイベン州は人口の8割が農業関係者であるため、都市への出稼ぎに出る人が多く、教育や医療を満足に受けられない状況にあるそうだ。建設した井戸は周辺地域の住民15~20人が使用し、生活衛生面の改善が見込めることになる。

 「画質悪いけど性格いい」こと夜乃ネオンがついに、本腰を入れて人類救済に向かった今回の井戸建設。これからも彼女の活動から目が離せないだろう。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧