次世代機「Xbox Series X」の価格が499ドルに決定。9月22日より予約スタートでXbox Sereis Sと同じく11月10日発売

 マイクロソフトは、次世代ゲーム機Xbox Series Xの価格を499ドルと発表した。記事執筆時点で日本国内での価格は不明。9月22日(火)から予約受付を開始し、Xbox Series Sと同じく11月10日(火)に発売される。

(画像はXbox Wireより)

 この発表に続き、先日公開されたXbox Series Sの詳細なスペックも発表となった。Xbox Series SであってもCPUはXbox Oneの4倍、GPUは3倍のパフォーマンスを誇るという。

 Xbox Series Xと同じ点として、ハードウェアアクセラレーションによるDirectXレイトレーシング技術を搭載しており、最高120fpsでの動作が可能。解像度は少し押さえて1440p、60fpsの動作が念頭に置かれている。

 512GBのSSDを搭載し、Xbox Series Xと同じくSeagateのストレージ拡張カードをサポート。「Xbox ベロシティ アーキテクチャ」を使ったフルスピードとパフォーマンスを持った、1TBの追加ストレージも導入できる

 4Kテレビを持っていないという方向けに全体的におさえているが、Xbox One比40倍というカスタムSSDやレイトレーシングなど、多くの面でXbox Series Xと同等の機能を有する。

 開発者向けとして、Xbox Series XとXbox Series Sは同じ開発環境、ツール、機能を共有しており、次世代機ならではのユニークな機能を利用しつつ、ふたつのコンソールの間でより簡単にコンテンツを構築、リリースできるという。

(画像はXbox Wireより)

 またあわせて、PCとXboxのゲームが遊び放題になる月額サブスクリプションサービス「Xboxゲームパスアルティメット」と、そこにXbox本体がセットになった「Xboxオールアクセス」が12ヵ国でサービスを開始することも公表された。ただし日本は含まれていない。Xbox Series Sのオールアクセスは月額24.99ドル、Xbox Series Xは34.99ドルとなる。

 このほか、PCを含む「Xboxゲームパスアルティメット」はエレクトロニック・アーツ(EA)と提携し、60本以上のゲームが遊び放題になる「EA Play」の加入権も無料で付属することになった。つまり、Xboxゲームパスのライブラリに加えて「EA Play」の登録作品もXboxゲームパスに加入すれば遊べるようになる。なお、EA Playはホリデーシーズンに追加される予定だ。要点をまとめると下記の通りとなる。

・「Xbox Series X」 499ドル
・「Xbox Series S」 299ドル
・Xbox Seris XとSのオールアクセスは日本を含まない世界12カ国でサービスイン
・ホリデーシーズンよりXboxゲームパスアルティメットにEA Playのライブラリが追加

 ついにXbox Series XとXbox Series Sの価格が発表され、9月22日(火)の予約開始と11月10日(火)の発売を待つのみとなった。記事執筆時点で日本での展開や価格は未発表だったが、気になる方はXbox Japanの公式Twitterアカウントをフォローして、国内向けの正式発表を待ってほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧