『Fall Guys』開発元の親会社をEpic Gamesが買収。ゲーム体験はそのままに、クロスプラットフォームの体験を強化する投資を引き継ぐ方針

 PCゲーム販売プラットフォームを運営するEpic Gamesは3月3日(水)、アスレチックバトルロイヤルゲーム『Fall Guys: Ultimate Knockout』(以下、Fall Guys)を開発するMediatonicの親会社「Tonic Games Group」を買収し、Epic Gamesのファミリーに迎え入れたと発表した。

 発表文では『Fall Guys』におけるゲーム体験をそのままに、クロスプラットフォームの体験を強化するための投資を引き継ぐ方針が示されている。

(画像はTonic Games Group, Makers of ‘Fall Guys’, Joins Epic Games – Unreal Engineより)

 Tonic Games Groupの共同創設者兼CEO(最高経営責任者)であるデイブ・ベイリー氏は「Epicは“ポジティブな影響を与え、人々に力を与え、時の試練に耐えるゲームを開発し、サポートする”私たちのミッションを共有している」とコメント。同社の共同創設者でチーフゲームオフィサーを務めるポール・クロフト氏も「チーム間で共有されているビジョンを超え、Epicと力を組み合わせることに大きな可能性がある」と期待を語っている。

 さらに、Epic Gamesの創設者兼CEOであるティム・スウィーニー氏は「弊社がメタバースの構築に投資していることは周知の事実であり、Tonic Gamesもこの目標を共有している」とのビジョンを示した。

 発表にあわせてMediatonicが公式ブログへ投稿したEpic Gamesの買収に関するFAQトピックでは、買収によるパブリッシャー(販売元)やゲームプレイ、コミュニティへの影響がないことへ加えて、2020年8月のリリース当時に35人態勢であった『Fall Guys』チームの人数が150人以上となったことが明かされている。

(画像はSteam『Fall Guys: Ultimate Knockout』より)

 一方、Epic Gamesで配信されている『フォートナイト』『ロケットリーグ』の長所であるアカウントシステム、クロスプレイ、“スクワッド対スクワッド”モードなどの要素は「ぜひ取り入れたい」との意欲も示されているので、今後のMediatonicの展開にも引き続き注目していきたい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ