『スカイリム』が2011年の発売から今年で10年、『The Elder Scrolls』のナンバリング最新作が登場せずに3481日。過去作との発売時期を比較した図が海外で話題に

 ベセスダゲームスタジオが開発したオープンワールドRPG『The Elder Scrolls V: Skyrim』(以下、スカイリム)。同作の発売から次なるナンバリング最新作が発売されない日数が、『The Elder Scrolls III: Morrowind』から『スカイリム』までの発売間の日数に達したことが判明した。YouTubeでゲーム史の動画を投稿しているChris Chapmanさんが指摘した。

(画像はTwitterより)

 『The Elder Scrolls』シリーズはファンタジー世界を冒険するオープンワールドRPG。
 1994年に発売した第1作『The Elder Scrolls: Arena』からすでに広大なフィールドを冒険することができ、『The Elder Scrolls II: Daggerfall』『The Elder Scrolls III: Morrowind』で自由度の高いオープンワールドとして、シリーズの方向性を確立した。

 日本では『The Elder Scrolls IV: Oblivion』から日本語版が展開され、その硬派なファンタジー世界の中で、天候が刻々と変わり、NPCがタイムスケジュールに沿って行動、あらゆる書物が読めるという作り込みに驚いた人は多いだろう。第5作目となる『スカイリム』では雪原広がる北方スカイリム地方を舞台にして、さらにシリーズの知名度を高めた。

(画像はSteam『The Elder Scrolls IV: Oblivion』より)
(画像はSteam『The Elder Scrolls V: Skyrim』より)

 世界中で待望されている同シリーズだが、Chris Chapmanさんによると、『スカイリム』の発売から次なるナンバリング最新作『The Elder Scrolls VI』が発売されない日数が今年5月23日の時点で3481日となり、これは『The Elder Scrolls III: Morrowind』から『スカイリム』までの発売間の日数に並ぶものだという。

(画像はYouTube「The Elder Scrolls VI – Official Announcement Teaser」より)

 ベセスダは、ナンバリング・シリーズ最新作『The Elder Scrolls VI』のアナウンス・ティザー動画を2018年6月に公開している。しかしそこから約3年が経とうとしており、待ち望まれている続報は未だにない。

 もちろん『スカイリム』発売後、『The Elder Scrolls』シリーズが何も展開しなかったわけではない。VR版『スカイリム』や、スマートフォン向け『The Elder Scrolls: Blades』のリリース、MMORPG『The Elder Scrolls Online』はアップデートを繰り返し、新章「ブラックウッド」がまもなく展開される。

 とはいえ、本命である『The Elder Scrolls VI』が待ち望まれているのも事実だろう。ベセスダゲームスタジオは同時にSFゲーム『Starfield』を開発中であり、それもあいまって超大作『The Elder Scrolls VI』の発売はまだまだ先になりそうだ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ