パズルゲーム『ぷよぷよSUN64』で作る不思議なデザートの料理動画が公開。VTuber「蟹」さんによる“空想料理”のVHS風映像作品

 バーチャルYouTuberの蟹(かに)さんは6月27日(日)、自身のYouTubeチャンネル「空想料理店 蟹」にて、ニンテンドー64用ソフト『ぷよぷよSUN64』で作る不思議なデザート「ぷよぷよSUNのシャインタルト」の映像を公開した。

 蟹さんは昔のVHSビデオを思わせる画質と音質、そして突拍子もない食材の数々から生まれる“空想料理で人気を集めている。チャンネル登録者数は執筆時点で1万7900人だ。

 今回の映像では、“カセットを振る裏技”で取り出した「ぷよ」の性質を食材の特徴として捉えている。4つ合わせると消えてしまう緑と紫のぷよはひとつづつ水で洗い、鍋で溶かした「おじゃまぷよ」を水あめのようにまとわせることで同じ色のぷよがくっつかなくなるという。

 発想のアイデアを“当時の大技林に掲載されていた”と紹介するユーモアも蟹さんの空想料理動画における見どころのひとつだ。

(画像はYouTube「ぷよぷよSUN64の食べ方」より)
(画像はYouTube「ぷよぷよSUN64の食べ方」より)

 また、タルトの生地にはビスケットとバターではなく、大連鎖の発生時に出てくる「隕石ぷよ」と「星ぷよ」を使用。このほかにも「月ぷよ」と「彗星ぷよ」、そして「土星ぷよ」を混ぜた“高得点クリーム”が内側に絞られている。上部に飾られた緑と紫のぷよはブドウとシャインマスカットのようなみずみずしい色を放ち、空想料理でありながらも味を想像してしまうことだろう。

 動画説明文によると、蟹さんの映像は3DCGソフト「Blender(ブレンダー)」で制作後、実際のVHSテープへ一度ダビングされたのちに再びPCへ取り込まれているという。YouTubeチャンネルでは今回紹介したタルトのほかにも誌的な空想料理の数々が紹介されているので、興味があればあわせてチェックしてみてほしい。

(画像はYouTube「ぷよぷよSUN64の食べ方」より)
(画像はYouTube「ぷよぷよSUN64の食べ方」より)

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧