個人制作で2年かけて作られた面白そうすぎるタイピングのアプリ『タイピングランド』無料で配信スタート。Twitter上で10万いいね以上の注目を集めた話題作

 ソーシャルゲーム事業を展開するGREEで『釣り★スタ』『探検ドリランド』などの作品に携わったゲームクリエイターの“higo”こと比護賢之(ひご よしゆき)氏は、ゲーム感覚で楽しくタイピングを学べる無料のアプリ『Typing Land』(以下、タイピングランド)の配信を10月28日(木)に開始した。対応プラットフォームはiOS、Android、Windows、macOS。日本語を含む8ヶ国語へ対応しており、インストール後はインターネットへ接続せずとも利用できる。

 アプリ内では、広告を表示しない代わりに寄付メニューが存在しており、寄付したユーザーは特別なミニゲーム「タイピングソード」を追加でプレイ可能だ。さらに、団体や法人向けには最大60人までプレイヤーを登録できる「School Edition」も提供されている。

 『タイピングランド』は、比護氏が感じた「デジタル学習が盛んな今こそ、前提となるタイピングの習得が必要」との思いから、約2年をかけて仕事の合間に制作されたタイピングアプリである。本作は基礎となる指の配置から学べるほか、アプリ内では全81のレッスンをミニゲーム形式でプレイ可能。レッスンで良い結果や条件を達成した際には、ごほうびの要素として全150種類からなるバッジをもらえるという。

 また、タイピングに慣れたプレイヤーは速く正確なタイピングで高スコアを目指す「チャレンジモード」での遊びも楽しめる。表示される文章はあらかじめ用意されたものだけでなく、自作した文章も使用できるようだ。

 比護氏は、大学の卒業研究でタイピングゲーム『Ozawa-Ken』(1999)を制作したのち、2006年10月にグリーへ入社。ソーシャルゲームの企画・開発を歴任したことで知られる。近年では株式会社WFSにてゲームやゲーミフィケーション【※】の企画・開発へ携わりつつ、個人でもゲーム開発を中心に活動している。

【※】ゲーミフィケーション:ゲームにおけるルールやデザインなどのノウハウを、ゲーム以外の社会的な活動へ応用していくマーケティングの手法

 比護氏が10月23日にTwitter上で本作を告知した際には4万を超えるリツイートと10万以上の「いいね」を獲得しており、ユーザーからは「かわいい」、「面白そう」、「『リズム天国』っぽい」との反応が寄せられていた。また、のちには本ツイートにぶら下げる形で取扱説明書も用意されている。

 最後に、アプリ内ではすべてのバッジを集めると“おまけのゲーム”も遊べるようだ。興味があれば気軽にダウンロードして楽しんでみるとよいだろう。

【あわせて読みたい】

『釣り★スタ』そして『探検ドリランド』が拓いた“ソーシャルゲーム”の時代の夜明け

2020年4月公開。グリー元取締役でソーシャルゲーム黎明期のヒットタイトルにおける責任者であった吉田大成氏と、グリーで『釣り★スタ』と『探検ドリランド』のコア部分を制作した比護氏へのインタビュー記事。

当時どのような考えでゲームを手がけたのか。『釣り★スタ』と『探検ドリランド』が誕生した流れや、過去を振り返っての想いも詳しく書かれている

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ