『めぞん一刻』や『美味しんぼ』を手がけた小学館の伝説的漫画編集者・白井勝也氏に、元週刊少年ジャンプ編集長の鳥嶋和彦氏が訊く!──ライバル同士だった二人がいまこそ語る”編集者の役割”

1

2

3

4

5

6

7

8

編集者は、作家に対してあまり嘘をつかないほうがいい

──白井さんから見て、優秀な編集者とはどういう人間ですか?

白井氏:
 また難しい質問をするねぇ。

 作家に対して、あんまり嘘はつかないほうがいいよね。問いかけられたことに対してさ、ごまかさないで、きちんと正面から向き合って、嘘はつかないという。それは原稿にしてもそうだし、いろんなことに知ったかぶりで答えると、後からその人が恥をかくから。
 手塚治虫先生なんかも、何の質問が飛んでくるか分からないから、緊張感がありましたよね。夜中に、仮眠している時に起こされて質問されたりすると、ムカッとするんだけど(笑)。

『めぞん一刻』や『美味しんぼ』を手がけた小学館の伝説的漫画編集者・白井勝也氏に、元週刊少年ジャンプ編集長の鳥嶋和彦氏が訊く!_058

 それから、心がタフなことだよね。作家の一言一言に過剰に反応したり、落ち込んだりするんじゃなくて、作家のパワーをさらに倍する力で受けとめるぐらいの深さを持っていないと

鳥嶋氏:
 それは分かる気がする。いちいち言われたことに腹を立てていたら務まらない。

白井氏:
 務まらないよね。

鳥嶋氏:
 でも、作家に対して「嘘をつかない」というのは、難しいことなんですよ。締切のこととか、連載終了のこととか、漫画の反響のこととかね。
 そのまんま答えるとマズイけど、嘘を言ったらその嘘に尾ひれが付くというか、嘘をつき続けないといけなくなる。そんなことはいつか、辻褄が合わなくなるから。

 だって回り回って、他の仕事場から違う情報がいったら、その人とは信頼関係が終わりだから。けっこう一瞬一瞬、そこは勝負ですよね。

白井氏:
 うん。何気ない質問を振ってくるからね。「◯◯さんはどうしてるんですか?」とかね。他の漫画に関しても。

鳥嶋氏:
 それはたしかにね。言われてみれば「嘘をつかない」ってけっこう大変ですよね。

白井氏:
 嘘をつくなら、つきとおさなきゃいけない。嘘を突き通すのも大事だし、耐えて受けとめることをしないと、やっぱり編集者は難しいよ。

 それから、さまざまなものに興味を持つことだね。流行の、今当たってる映画は、たとえ嫌いでも見ないと。映画評を見て、見たような顔をして感想を言っていても、すぐバレるわけだから。

鳥嶋氏:
 バレますね。

白井氏:
 その場に行くってことがすごく大事だね。

自分自身については、今日明日のことしか考えない

白井氏:
 自分は今年79歳でしょ。この歳まで長くできるとは思わなかったね。小学館に入って、30代でメチャクチャな生活をしていた時にはね、いいとこ60歳か65歳で天に召されると思ってた。

『めぞん一刻』や『美味しんぼ』を手がけた小学館の伝説的漫画編集者・白井勝也氏に、元週刊少年ジャンプ編集長の鳥嶋和彦氏が訊く!_059

鳥嶋氏:
 先輩はバタバタ亡くなってますよ。

白井氏:
 そうだよ。講談社のコミック編集者って、定年後にすぐ亡くなる方が多いよね。

鳥嶋氏:
 集英社でもだいたい75〜76歳でバタバタ亡くなりますよ。

白井氏:
 僕なんか別に養生しているわけじゃなかったから。週刊誌だったし、「還暦を超すのは難儀だろうなぁ」ぐらいの生活でしたよね。鳥嶋さんもそうだと思いますけど。

鳥嶋氏:
 白井さん、ストレスを溜めずに仕事をするコツは何なんですか?

白井氏:
 それはね、今日明日ぐらいのことしか考えないことだよ。

鳥嶋氏:
 さっきの刑務所の話と一緒ですね。

白井氏:
 そう。先がどうなるだとか、地震が来るだとかどうたらこうたら考えたって、しょうがないことじゃない。
 どうせみんないつかは死ぬんだから、今日明日ぐらいは美味いもの食って元気にさ、笑いながら過ごすほうがいいと(笑)。その積み重ねで1年間が成り立っていくって感じだね。

鳥嶋氏:
 それがストレスを溜めないコツ?

白井氏:
 それから人を恨まない

鳥嶋氏:
 恨まない!?

白井氏:
 あんまり心の中の仇を作らない。

鳥嶋氏:
 そこは僕と違うなぁ(笑)。僕は怒りをずっと覚えていて、それをバネにするんです。

『めぞん一刻』や『美味しんぼ』を手がけた小学館の伝説的漫画編集者・白井勝也氏に、元週刊少年ジャンプ編集長の鳥嶋和彦氏が訊く!_060

白井氏:
 僕はそれは忘れる。

鳥嶋氏:
 偉いなぁ。1ランク上だな、それは(笑)。

白井氏:
 忘れるのがいいんだよ。それを覚えていると、ややこしくなるから。

鳥嶋氏:
 たしかに。囚われちゃいますからね。

江口寿史氏の『パパリンコ物語』だけは、なんとか完結させたい

白井氏:
 あっ、思い出した。1本だけ、今でもやりたいものがあった。江口寿史の『パパリンコ物語』。『スピリッツ』で連載していた『パパリンコ物語』が、9回分あるんだよ。

鳥嶋氏:
 それはペン入れされてない?

白井氏:
 掲載されているヤツが9回あって。

鳥嶋氏:
 1回何ページ?

白井氏:
 18ページぐらいかな。

鳥嶋氏:
 それが9回……単行本1冊には足りないですね。

白井氏:
 だから「『パパリンコ』だけはもう一回完成させろ」って、ずっとくっついてやろうかと思ってさ。

鳥嶋氏:
 諦めたほうがいいですって。それは白井さんが不死身でも無理ですよ。

 僕は江口さんをよく知っているんですよ。『すすめ!!パイレーツ』がバツグンに面白くて。あの漫画を見て、「『ジャンプ』も捨てたもんじゃないな」と思ったんです。

『めぞん一刻』や『美味しんぼ』を手がけた小学館の伝説的漫画編集者・白井勝也氏に、元週刊少年ジャンプ編集長の鳥嶋和彦氏が訊く!_061
『すすめ!!パイレーツ』(画像はすすめ!!パイレーツ 完全版 (1) | 江口寿史 |本 | 通販 | Amazonより)

白井氏:
 あれは天才だよ。

鳥嶋氏:
 ただ良くなかったのは、少女漫画を読み始めて、絵柄を変えようとした時から、白いワニに噛まれちゃって。

白井氏:
 彼は原稿を落としても平気だから。集英社の原稿を落としておいてさ、集英社の目の前にある焼肉屋で宴会をしているんだから(笑)。

『めぞん一刻』や『美味しんぼ』を手がけた小学館の伝説的漫画編集者・白井勝也氏に、元週刊少年ジャンプ編集長の鳥嶋和彦氏が訊く!_062

鳥嶋氏:
 あの当時、江口さんの担当が自分の後輩だったから知っているんですけど、西荻窪の喫茶店を一軒ずつ、しらみつぶしに回るところから始めるんですよね。

白井氏:
 そうそう。

鳥嶋氏:
 どこかにはいるわけ。どこにいるかは分かんない。そうするとそれだけで半日潰れる(笑)。

白井氏:
 横山光輝さん『地球ナンバーV-7』を担当した時も大変だった。光輝さんは食事の時に、仕事場とは別の部屋に行くんですよ。「食事に行ってくる」と部屋を出て、しばらくしたらタクシーのドアが閉まる「バタン!」って音がしたから、「あぁ、やられた!」と思ってさ。

 それであの人は新宿に6軒ぐらい、行きつけの店があるわけ。その6軒を今の喫茶店と同じように、1軒ずつ見てさ。それで引き戻してきて、描いてもらって(笑)。

鳥嶋氏:
 分かりますよ。僕も梶原一騎さんの弟の真樹日佐夫さんが原作の漫画を、最初に「やれ」って言われた時は、本当にイヤだったですもん。先生がどこにいるかを探すところから始めるなんてね、「こんなことをやるために会社に入ったんじゃないのに」って思いながらやってましたね。

白井氏:
 それにしても、江口さんのエピソードは面白いよね。サングラスに写る風景を何か描こうと思って、写真集を見ていたら、一週間経っちゃう。ここに反映される風景に何を描こうかなと、いろんなものを見ているうちに、あっという間に締切が来ちゃうという。
 そこまでいくと一種の病気だよね。でも才能はあるよね、江口さんは。

鳥嶋氏:
 一時代を作った人だから。

白井氏:
 フリー編集の人たちに、「『パパリンコ』の続きの原稿を取ってきたら、インセンティブを出すから」って言ってみようかな。賞金稼ぎじゃないけど。

鳥嶋氏:
 あぁ、西部劇の「WANTED」(指名手配)のように。

白井氏:
 そう。江口寿史の原稿を持ってきたら、金は惜しまないって(笑)。

『めぞん一刻』や『美味しんぼ』を手がけた小学館の伝説的漫画編集者・白井勝也氏に、元週刊少年ジャンプ編集長の鳥嶋和彦氏が訊く!_063

鳥嶋氏:
 ちょっとヒマになったら試してみようかな(笑)。でも、そういう悔しさだとか「原稿を取りたい」という思いが、白井さんの中にまだあるんですね。

白井氏:
 それはある。面白かったし、とても良い作品だったから。

鳥嶋氏:
 白井さんのその執念と欲が素敵だな。でもね、気持ちは分かるけど、『パパリンコ』は無理だと思う(笑)。

白井氏:
 一緒に会ってくれよ、3人で(笑)。飯を食おう。

鳥嶋氏:
 飯を食うくらいで付き合うのは良いですよ。「描いてやれ」ぐらいは言えるけど、でも集英社ではもう無理だから。

 ……そう、最後は『スピリッツ』なんですよね。集英社では扱いきれなかったの。「小学館がよく手を出すよなぁ、止めればいいのに」って思ったのを覚えてます。

1

2

3

4

5

6

7

8

編集長
電ファミニコゲーマー編集長、およびニコニコニュース編集長。 元々は、ゲーム情報サイト「4Gamer.net」の副編集長として、ゲーム業界を中心にした記事の執筆や、同サイトの設計、企画立案などサイトの運営全般に携わる。4Gamer時代は、対談企画「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」などの人気コーナーを担当。本サイトの方でも、主に「ゲームの企画書」など、いわゆる読み物系やインタビューものを担当している。
Twitter:@TAITAI999
ライター
過去には『電撃王』『電撃姫』『電撃オンライン』などで、クリエイターインタビューや業界分析記事を担当。また、アニメに関する著作も。現在は電ファミニコゲーマーで企画記事を執筆中。
Twitter:@ito_seinosuke
編集
ローグライクやシミュレーションなど中毒性のあるゲーム、世界観の濃いゲームが好き。特に『風来のシレン2』と『Civlization IV』には1000時間超を費やしました。最も影響を受けたゲームは『夜明けの口笛吹き』。
Twitter:@ex1stent1a
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ