Netflixの日本向け公式Twitterアカウントがドラマ版『ウィッチャー』シーズン2から「ゲラルト」の画像を公開。2021年配信予定

 映像ストリーミングサービスを提供するNetflix(ネットフリックス)の日本向け公式Twitterアカウント(@NetflixJP)は10月5日(月)夜、2021年の配信を予定しているドラマ版『ウィッチャー』シーズン2から、ヘンリー・カヴィルが演じる主人公「ゲラルト」の画像を公開した。

 アンドレイ・サプコフスキ氏の小説が原作のドラマ『ウィッチャー』は、ポーランド・ワルシャワに拠点を置くCD Projekt REDが開発するゲーム版『ウィッチャー3 ワイルド・ハント』オマージュしたシーンも含まれていたことから高評価を獲得。シーズン1の公開前からシーズン2の制作が発表されていたほか、シーズン1の公開後はゲーム版のプレイヤー数同時接続人数が急増した。

 さらに、2020年1月にはNetflixが公開した2019年度の決算報告書から配信から4週間でおよそ7600万世帯がシーズン1を視聴したことが明らかとなったほか、2020年5月にはCD Projektグループも決算報告で“ゲーム版シリーズの世界累計販売本数が5000万本を突破”と発表している。

 なお、シーズン2以外には、全6話のスピンオフドラマ『The Witcher: Blood Origin』やアニメーション映画『ウィッチャー 狼の悪夢』の制作が発表されている。まだまだ盛り上がりを見せてくれそうなNetflixによる『ウィッチャー』の映像作品の更なる続報を期待したい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧