人気ダンジョンビルドゲーム『ダンジョンメーカー』360円→240円、ゲームブックの現代リメイク『Fighting Fantasy Legends』600円→480円。ほか6本【スマホゲームアプリ セール情報】

 ここではスマホ(iOS / Android)のゲームアプリのセール情報をお届けしています。

 価格は当方で確認した時点のものです。急にセールが終わることもあるため、購入前には価格の確認を行ってください。
 アプリ名のリンクはiPhone ACのレビューページに移動します。

注目情報

人気の簡易ダンジョンビルドゲーム『ダンジョンメーカー』がセール開始。

ゲームブックの現代風リメイク作『Fighting Fantasy Legends』の2作がセール。

丁寧に作り込まれた人気タワーディフェンスの最新作『キングダムラッシュの復讐』がセール中。

文/カムライターオ


新着セールアプリ

『ダンジョンメーカー』
iOS 360円 → 240円、Android 310円 → 180円
4/18 追加

 冒険者の行く手を阻むモンスターを配置し、戦闘時には自らも戦う、簡易的なダンジョンビルド・ローグライク。
 レベルアップやスキル継承、ゲーム後の追加要素の獲得など、豊富な強化と育成の要素を持ち、延々と続けてしまうハマり度の高い作品。
 アップデートも意欲的に行われている。


『Fighting Fantasy Legends』

iOS 600円 → 480円、Android 550円 → 380円
4/18 追加

 ゲームブック『火吹山の魔法使い』、『バルサスの要塞』、『盗賊都市』の3作品を含む『ファイティング ファンタジー』シリーズをアドベンチャーRPGとして現代風に超リメイクした作品。
 ゲームブックらしさは薄れているが、遊びやすくアレンジされている。


『Fighting Fantasy Legends’』
iOS 600円 → 480円、Android 550円 → 380円
4/18 追加

 ゲームブック『ファイティング ファンタジー』シリーズの『死のワナの地下迷宮』『迷宮探検競技』と、日本語版が存在しなかった『Armies of Death』(死の軍隊)を現代風の超リメイクで収録しているアドベンチャーRPG。
 正式名は『Fighting Fantasy Legends Portal』のようだが、iOS版は『Fighting Fantasy Legends’』という、前作との差が「’」のみのわかりにくいアプリ名なので注意。
 Android版は登録名がカタカナ表記の『ファイティング・ファンタジー レジェンド ポータル』に変わっている。


『Dokuro』
iOS 240円 → 120円、Android 240円 → 120円
4/18 追加

 かわいいドクロがお姫様をゴールに誘導していく秀作アクションパズル。
 ガンホーが販売、ゲームアーツが開発した作品で、クレヨンで描いたような絵柄とコミカルなストーリーも魅力。


『キングダムラッシュの復讐』
iOS 600円 → 360円、Android 550円 → 330円
4/18 追加

 スマホの人気タワーディフェンス『Kingdom Rush』シリーズの最新4作目。
 今作は悪の魔術師が主人公だが、ゲーム自体はいつもと変わらない。
 相変わらず細部まで作り込まれており、安定した面白さがある。


『鉄の海兵隊(Iron Marines)』
iOS 600円 → 360円、Android 540円 → 330円
4/18 追加

 『Kingdom Rush』の開発チームが手がけた新作で、今回はタワーディフェンスではなくRTS。
 ヒーローと数人の兵士で敵を迎撃し、敵基地を制圧しつつ、砲台を築いて守りを固めていく。
 丁寧に作り込まれた作品で、やや歯応えのある難易度。


『Reigns: Game of Thrones』

iOS 480円 → 240円、Android 440円
4/16 追加

 YESとNOで国家を運営、権力バランスが崩れればたちまち悲惨な死を迎える国政ゲーム『Reigns』と、アメリカの叙事詩的大河ドラマ『Game of Thrones』がコラボしたシリーズ3作目。
 選んだ人物がもし「王」になったら、というifストーリーが展開される。 ただし人物や用語の説明は一切ないため、原作の知識がないとつらいのは否めない。


『Gorogoa』

iOS 600円、Android 540円 → 270円
4/16 追加

 味がある手描きイラストの、大人の電子しかけ絵本。
 穴の開いた絵を動かし、重ね合わせ、絵の中の少年を導いていく。
 いわゆる「インタラクティブ・アート」だが、謎解き要素も強い作品。
 Appleが2018年の「ベストiPadアプリ」に選出、他にも数多くのゲーム賞でノミネート作になっている。

セール継続中のアプリ

『Million Onion Hotel』
iOS 480円 → 240円、Android 480円 → 240円
4/11 追加

 タップでタマネギを消し、ラインをそろえるだけというシンプルなルールながら、妙に奥深いゲーム性と攻略難度を持つカジュアルパズル。
 雰囲気、ストーリー、BGM、すべてぶっ飛んでいる奇天烈なゲーム。

最近セールが終了したアプリ

『Tiny Defense 2』
iOS 360円 → 無料、Android 330円
4/11~4/18 終了

 『Plants vs. Zombies』系の直進型タワーディフェンス。
 ロングセラー作の続編で、豊富なタワーと敵が登場、バランスも良い、万人にすすめられる作品。
 高さの要素があり、床がない場所には飛行ユニットしか配置できない。


『名門ポケット学院2』
iOS 600円 → 120円、Android 600円
4/8~4/18 終了

 学校を拡張して教師を雇用し、授業やクラブ活動を通して生徒の進路をより良くしていく、カイロソフトの学園シミュレーションゲーム。
 カイロアプリの中でも特に人気の高い作品だが、難易度は高め。
 入学シーズンによくセールを行っている。


『G1牧場ステークス』
iOS 600円 → 360円、Android 600円
4/8~4/18 終了

 カイロソフトの競馬シミュレーションゲーム。
 ただ、調教がメインではなく、競走馬を管理する牧場の運営が中心になっている点がカイロらしい。
 見学に来たファンの評価を高めることで、新たな施設や馬の血統を入手できる。


『アパレル洋品店』
iOS 600円 → 360円、Android 600円
4/8~4/18 終了

 洋服店を経営するカイロソフトのシミュレーションゲーム。
 洋服店といっても最終的には地下1階、地上7階の巨大店舗になる。
 難易度が低めで、やや初心者向けの作り。


『OK Golf』
iOS 480円 → 120円、Android 340円
4/11~4/18 終了

 小さな3Dジオラマ風のコースで楽しむ、ビジュアルに優れたゴルフゲーム。
 バーディーを取るには工夫が必要なコースもあり、ゴルフのパズルゲームと称されることも。
 手軽にテンポ良く楽しめる、Appleも推薦していた作品。


『Sir Questionnaire』
iOS 480円 → 240円、Android 600円
4/11~4/18 終了

 進むか探すか、戦うか逃げるか、二択だけでサクサク進行する簡易的なローグライク。
 簡易的といっても難度は高く、運にも左右されが、手軽に繰り返すことができる。
 すぐ壊れてしまう装備をどう使うかがカギ。


『Age of Rivals』
iOS 480円 → 240円、Android 200円
4/8~4/18 終了

 産業や芸術のカードで王国の勝利点を稼ぎつつ、軍事力で相手のカードを破壊する対戦カードゲーム。
 深い戦略と適度な運を併せ持つドイツゲームのようなアプリで、オンライン対戦も実装されている。

関連記事:

『A列車で行こう』『信長の野望』に夢中になった中学生が、パソコン誌に投稿し続けたシミュレーションゲームのプログラム。それが今、Nintendo Switchで動き出した【カイロソフト社長インタビュー】

『UNDERTALE』トビー・フォックス×『東方』ZUN×Onion Games木村祥朗鼎談──自分が幸せでいられる道を進んだらこうなった──同人の魂、インディーの自由を大いに語る

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ