『ドラクエモンスターズ テリーのワンダーランドSP』がセール開始。ごった煮RPG『Evoland 2』もセール中【スマホゲームアプリ セール情報】

 ここではスマホ(iOS / Android)のゲームアプリのセール情報をお届けしています。

 価格は当方で確認した時点のものです。急にセールが終わることもあるため、購入前には価格の確認を行ってください。
 アプリ名のリンクは電ファミ内かiPhone ACのレビューページに移動します。

注目情報

人気作のリメイク『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』がセール開始。

レトロゲームのネタを満載した『Evoland』シリーズがセール中。

iOSのケイブシューが一斉セール。『怒首領蜂』の3作と『デススマイルズ』が来年5日まで割引。

iOS版『Civilization VI』のフルバージョンがまさかの610円に。

文/カムライターオ


新着セールアプリ

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』
iOS 2440円 → 1600円、Android 2440円 → 1600円
12/5 追加

 モンスターを集めて育成し、大会を勝ち抜いていく、『ドラクエ』の大人気スピンオフ作品。
 ニンテンドー3DS版をスマホに移植したもので、配合(合体)によるスキル継承により自由度の高いモンスターの強化が可能。
 スマホ版には手軽にゲームを進められる「オート戦闘」や「らくらく冒険」が追加されており、新モンスターやダンジョン深部も加えられていて、かなり拡張されている。
 なお、オリジナルのゲームボーイ版もスマホアプリ化されている。


『Evoland 2』
iOS 980円 → 250円、Android 920円
12/5 追加

 過去がファミコン、現在がスーファミ、未来が3Dで表現された、さまざまな時代のゲームを再現したアクションRPG。
 パロディー満載のごった煮的な内容である一方、長編ストーリーが加わり、本格的なRPGに仕上がっている。
 ミニゲームの操作性に問題があったが、アップデートで改善された。


『Evoland』

iOS 610円 → 120円、Android 580円
12/5 追加

 ゲームの進化を表現したユニークなアクションRPG。
 ゼルダ系の謎解きアクションだが、全編を通してゲームネタ満載の内容。
 ゲームボーイ以降のゲームを歴史を知っている人なら、色々な意味で楽しめる作品。
 『Evoland 2』ほど長編ではない。


『エバーテイル』
iOS 120円 → 無料、Android 99円
12/5 追加

 『ドラゴンアイランドBLUE』や『ネオモンスターズ』の後継となるモンスター収集RPG。
 本格ファンタジーストーリーのゲームになっており、以前のようなポケモン的な展開ではない。
 かなり戦略性の高い、TCGのような戦い方が必要になるバトルが特徴。
 課金とガチャがあるが、本編である第一幕はガチャ不要。


『三國志2』
iOS 1480円 → 730円、Android 1480円 → 730円
12/5~12/11 追加

 シリーズの中でも名作と名高い、コーエーの三國志シリーズの2作目。
 計略や火計、一騎打ちなど、その後の三國志の基本システムが形作られた作品。
 2010年に発売された古いアプリだが、最新iOSには対応している。
 なお、今回のセールは「三國志の日」(12月10日)の記念とのこと。


『三國志Ⅲ

iOS 1960円 → 980円、Android 980円 → 1480円
12/5~12/11 追加

 コーエーテクモの『三國志』シリーズの3作目を元に、2006年にDSで発売された『三國志DS』を、2015年に改修して3DSで発売した『三國志2』のスマホ移植版。
 3DS版の時に追加された6本の新シナリオが加えられている。
 また『三國志4』のように、武将が数々の特技を持つ「オリジナルモード」があり、その影響で『三國志3.5』といった趣がある。
 ただ、ベースがNintendo DSの初期のソフトであるため、グラフィックやインターフェイスが古く、『三國志V』と比べると見劣りする。
 ゲーム自体は、初期のオーソドックスな三國志という印象。

セール継続中のアプリ

『怒首領蜂大復活 HD』
iOS 1720円 → 1100円
11/29~2020/1/5

 弾幕シューティングの金字塔『怒首領蜂』シリーズの3作目(首領蜂と他社製のIIを除く)。
 敵と弾と得点アイテムで画面が埋め尽くされるド派手なシューティングで、当時のスマホで滑らかに再現していたことは世界中で驚かれた。
 今見てもスマホのシューティングとしてはトップクラス。アーケードモードの他に、スマホ用のオリジナルモードを搭載している。
 激しい弾幕が展開されるが、初心者向けの難易度も用意されている。

 なお、ケイブのシューティングアプリは2017年のiOS11による32bitアプリの切り捨てで動作不能に陥っていたが、2019年9月10日に最新iOSに対応した。
 過去に32bit版を購入していた方は、無料でダウンロード、及びアップデートが可能。Android版の再公開は未定。
 攻略に必要な蜂アイテム出現場所をこちらのページにまとめている。


『怒首領蜂大往生』
iOS 610円 → 370円
11/29~2020/1/5

 2002年にアーケードで稼働した縦スクロールシューティングで、『怒首領蜂』シリーズの2作目(他社製のIIを除く)。
 スマホ版の公開は大復活より後だが、実際には大復活より前のゲームなので、グラフィックなどは比較すると劣る。
 しかし怒首領蜂らしい派手な弾幕シューティングで、価格も安め。
 超高難度のゲームとして知られているが、スマホ版は遊びやすい難易度も用意されている。
 過去に32bit版を購入済みなら、無料でダウンロード、及びアップデートが可能。


『DODONPACHI MAXIMUM』
iOS 1480円 → 980円
11/29~2020/1/5

 2012年にWindows Phone用に開発された『怒首領蜂』の派生作。その年の終わりにiOSでも公開された。
 1ステージごとのスコアを競うスマホに合わせた内容で、グラフィックはホログラフ風。
 手軽に遊べるシステムだが、怒首領蜂らしい激しい弾幕は健在で、難易度はむしろ高め。
 『ケツイ』や『赤い刀』の自機が登場する。


『デススマイルズ』
iOS 1220円 → 730円
11/29~2020/1/5

 2007年にアーケードで稼働していた、ゴスロリな魔女や天使が戦う横スクロールシューティング。
 『ゴシックは魔法乙女』と同じ世界を舞台としており、元々「ゴ魔乙」はこの作品のスピンオフ。
 アーケードモードに加え、装備アイテムの収集要素があるオリジナルのモードが加えられている。
 他の作品と同様、32bit版を購入済みなら、無料で64bit対応版をダウンロード可能。


『Nanuleu』
iOS 370円 → 250円、Android 320円 → 220円
12/2 追加

 主人公が「木」という、変わり種のRTS。
 根を張り、新たな木を増やし、攻めてくる敵の木霊を撃退して、その侵食を防ぐ。
 オシャレで歯応えもある簡易シミュレーション。


『FRAMED』

iOS 490円、Android 330円 → 100円
12/2 追加

 ムービーが流れる順番を入れ替えて、スパイが捕まる過程をくつがえしていく、「絵コンテ」をパズルゲーム化したような作品。
 短い作品だが数々の表彰を受けたゲームで、『メタルギア』や『DEATH STRANDING』の小島監督が絶賛したことでも知られている。
 Steam版とNintendo Switch版は1と2がセットになっている。


『FRAMED 2』

iOS 610円、Android 560円 → 100円
12/2 追加

 絵コンテパズルの続編。ムービーが流れる順番を入れ替え、スパイの逃走を助ける。
 今回もショートストーリーでボリュームは少ないが、ビジュアルがより洗練されており、映画のような演出を楽しめる。


『Sid Meier’s Civilization VI』

iOS 7200円 → 1200円 → 610円
(アプリ本体無料、フルバージョン化の課金)
11/27 追加

 人類の歴史と文明の興亡を再現した壮大な開発/戦略シミュレーションゲーム『シヴィライゼーション』シリーズの最新6作目。
 パソコン版と同じ内容で、科学と文化、軍事と経済に加え、宗教や社会制度、芸術や観光なども盛り込まれている。
 昨年末に1200円に値引きされ、そのまま価格が戻らないまま、ついに610円まで値下げされた。
 当初はiPadのみだったが、昨年末からiPhoneにも対応している。

 拡張パック「文明の興亡」も3600円から1840円に値下げされている。
 ただし、新たに追加された二つ目の拡張パック「嵐の訪れ」は4900円とかなり高額。

※初回起動時は立ち上がるのに時間がかかります。あわてずに待ちましょう。
相応の本体スペックも必要です。インストール後は一度本体を再起動するのをおすすめします。

最近セールが終了したアプリ

『Grimvalor』
iOS 860円 → 250円、Android版は本体無料の課金型
12/2~12/5 終了

 横スクロールでダークファンタジーの剣劇バトルアクションRPG。
 敵と戦いながらダンジョンを探索する「メトロイドヴァニア」系のゲーム。無敵のローリングで敵の攻撃を回避し、二段ジャンプと空中ダッシュで華麗に跳ぶ、小気味良い操作感を持つゲームで、グラフィックも一級。


『キングダムラッシュの復讐』

iOS 610円 → 370円、Android 540円 → 320円
12/2~12/5 終了

 スマホの人気タワーディフェンス『Kingdom Rush』シリーズの最新4作目。
 今作は悪の魔術師が主人公だが、ゲーム自体はいつもと変わらない。
 戦士で敵を足止めできることと、ヒーローがいるのが特徴で、細部まで作り込まれた安定した面白さがある。


『Twilight Struggle』
iOS(iPad専用)860円 → 370円、Android 780円 → 320円
11/27~12/5 終了

 冷戦時代のアメリカとソ連の覇権争いをボードゲーム化したもの。
 史実の出来事のカードを使って外交と謀略戦を展開し、各国を自陣営に取り込んでいく。
 設定もゲーム内容もかなり重量級のボードゲームだが、演出が良く、クオリティは高い。
 あまりセールしないうえに定価が高いので注目。 iOS版はiPad専用。
 英語のゲームですがレビューでルール解説を行っており、カードの和訳も掲載しています。


『Zombie Night Terror』
iOS 730円 → 120円、Android 860円 → 100円
11/27~12/5 終了

 ゾンビの『レミングス』。 Andriod版のタイトル名は『ゾンビナイトテロ』。
 歩き続けるゾンビに停止、爆発、ジャンプ台などの命令を出し、障害物を避けて人間を襲わせるユニークなパズルゲーム。
 やや残酷な内容だが、ドット絵による細かい演出も魅力。


 ※その他、ブラックフライデーのセールアプリは一斉に終了しています。

『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧