Xbox LiveがSwitchや携帯端末でも利用可能に。マイクロソフトが目指すマルチプラットフォーム戦略

 マイクロソフトは、自社のオンラインサービスXbox LiveWindowsXboxのみならず、Nintendo SwitchiOSAndroidでも利用可能にする計画を、Game Developers Conference(GDC 2019)のセッション概要にて明らかにした。

(画像はXbox Live | Xboxより)

 さらなる詳細は、3月18日からサンフランシスコで開催されるGDC 2019にて発表される。なお、いまのところPlayStation 4は対象プラットフォームに含まれていない。

 世界的な社会現象になった『フォートナイト』や、教育現場でも利用されている『マインクラフト』といった人気ゲームは、早くからクロスプラットフォームプレイに対応しており、今回のマイクロソフトの動きは近年のメインストリームを見据えての決定だと考えられる。

 ちなみに、これまでにマイクロソフトは自社のデジタルアシスタントCortanaとアマゾンのAlexaによる連携も実現しており、将来的なGoogleアシスタントとの連携にも言及している。すべてのプラットフォームで自社のプレゼンスを獲得しようとする近年の戦略を鑑みれば、Xbox Liveのマルチプラットフォーム化は自然な流れだと言えるだろう。

ライター/Ritsuko Kawai

関連記事:

SwitchとXbox One版『FINAL FANTASY X | X-2』が4月11日、『FINAL FANTASY XII』が4月25日に発売決定。PS2時代のFFをリマスターしてさらに遊びやすくなって登場

PS4版『ロケットリーグ』がクロスプレイに対応。Xbox One・Nintendo Switch・PCと対戦可能に

ライター
Ritsuko Kawai
ライター・ジャーナリスト。カナダで青春時代を過ごし、現地の大学で応用数学を専攻。帰国後は塾講師やホステスなど様々な職業を経て、ゲームメディアの編集者を経験。その後、独立して業界やジャンルを問わずフリーランスとして活動。趣味は料理とPCゲーム。ストラテジーゲームとコーヒーが大好き。
Twitter: @alice2501
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧